足,潰瘍,糖尿病,壊死,床ずれ,治らない傷

足の潰瘍

2015年12月7日更新
足,潰瘍,糖尿病,壊死,床ずれ,治らない傷足,潰瘍,糖尿病,壊死,床ずれ,治らない傷

熊本機能病院

医療法人社団 寿量会 熊本機能病院
〒860-8518
熊本県熊本市北区山室6-8-1
電話 096-345-8111

熊本機能病院は、24時間体制で、救急医療からのリハビリテーション医療を通して在宅医療までの一貫した医療を実施し、
地域の人々の健康管理から生活自立までを支援しています。
当院は最新技術を取り入れた専門外来、創傷ケアセンターを2004年11月に開設。
創傷とは傷のことですが、数週間以上も治らない創傷を「慢性創傷」と呼んでいます。
慢性創傷には、動脈硬化症を伴う血流障害による動脈不全性・静脈不全性の傷、糖尿病の方にみられる糖尿病性の足の変化、
慢性の床ずれによるもの、骨の変形が原因でおこる潰瘍など様々なものがあります。
足の傷が治らない、足が壊死して切断を勧められた、長年の床ずれが治らないなど、難治性創傷でお困りの患者さんは、
一度当院にご相談ください。慢性創傷はこれまで治療が難しいと言われ、「仕方がない…」とあきらめてしまわれる方も多くいらっしゃいました。
しかし、もうあきらめる必要はありません。専門医を中心とした医療チームにより適切な処置を施せば、治療不可能な傷ではなくなりつつあるのです。
お悩みの方は、まず熊本機能病院の創傷ケアセンターにご相談ください。
徹底した原因追及とチーム医療で治療に当たらせていただきます。
1人でも多くの患者様を治癒に導くため、当院では形成外科医を中心に頑張っております。
外来の診察室は、通常の形成外科の診療で小児の患者様が非常に多いため、創傷ケアセンターのイメージとは遠いかもしれませんが、
キャラクターのいるかわいい部屋になっています。

 


シャルコーフット

シャルコーフットとは重篤な神経ダメージ(神経障害)がある人に起こる急性の骨の軟化で、骨は骨折が起きるほど弱まり、歩行を続けると最後には足の形が変わってしまいます。

 

シャルコーフットのイメージング
(シャルコーフットを早期発見するには)
Glen M. Garcia, MD, Department of Radiology-Musculoskeletal Division. ITJSCSA

 

病因と病態
○ 深部感覚と固有感覚の損失
○ 支持組織の緊張低下
○ 再発/変形
○ 軟骨の腐食、軟骨下骨の硬化、骨折、骨破壊
○ 関節の崩壊

単純レントゲン・CT・MRIにみる兆候
○ 単純レントゲン:初期及びフォローアップ時、骨/軟部組織の総体とアラインメントを検査
○ CT:骨組織、アラインメント、及び多量の液体の有無確認の為、X-Pより密度分解の高度な検査
○ MRI:骨髄炎
○ 急速な関節空間の狭化、硬化、骨棘症、骨破壊、骨折、及び亜脱臼






CTの所見
○ 軟部組織の腫脹、異物、血管の石灰化
○ 急速な関節空間の狭化、硬化、骨棘症、骨破壊、骨折、及び亜脱臼
○ 骨の描出と、多量の液体の存在の検出





MRIでの兆候
○ 骨髄炎 - 神経障害性関節?
○ 骨髄浮腫、軟部組織、骨髄を鮮明に画像化、ポケット・液体の存在

MRIの所見
○ 広範囲の骨髄浮腫、ポケットの存在 - 骨髄炎所見
○ 皮下腫瘍及び関節周囲の軽度な浮腫 - 非骨髄炎所見


 

 

床ずれ

爪白癬(つめはくせん)の治療
爪白癬は真菌が爪に感染しておこる爪の水虫で、爪が白濁したり、黄色や茶色に変色し、爪が厚くなってしまう疾患です。国内の推定患者数は約1,200万人、60歳以上では約40%の人が爪白癬を持っていると考えられます。爪が白濁する、また黄色や茶色になり、厚みが出る以外には、かゆみなどの症状はないため治療を受けている人は推定患者数の約15%といわれています。
爪を削る意味:爪を削ることは感染の治療にはなりませんが、爪の厚みによる痛み、爪の下の爪床(そうしょう)から傷が始まるのを防ぐ役割があります。爪の下の傷は爪を削るまでわからないことがよくあり、感染がすでに始まっていることもあります。血流が悪い人の場合、爪の下から始まった傷、または、陥入爪(かんにゅうそう)から始まった傷が治らず、足趾が壊疽になってしまう場合もあります。
爪を薄くする治療のひとつに尿素40%クリームがあります。尿素がケラチンを侵食し、爪の部分を化学的にデブリしてくれる役割があります。次の文献を参考にしてください。

40%尿素を含むビフォナゾールクリームを使用した閉鎖包帯での爪真菌症外用薬治療
爪真菌症の70ケースを抗真菌薬外用薬で治療した。(69ケースは爪白癬、1ケースはカンジダ爪真菌症)。患者は毎晩40%尿素を含むビフォナゾールクリームで、毎朝、1%ビフォナゾール溶液だけで治療した。この治療中、やわらかくなった爪は爪きりとやすりでできるだけ除いた。爪は2週間ごとに検査され、12週間後に効用が審査された。2ケースは排除され、28ケースは脱落し、有効性評価に40ケースが残った。40患者の内、20は真菌が陰性であった。(真菌治癒率 50%)。臨床反応は、爪の不透明度、厚さで決定された。9人の患者は”顕著な改善”、16人は”改善“と評価された。(改善率 62.5%)。二人の患者に浸食の副作用がみられた。一人の患者は治療を中止し、抗生物質軟膏で病変は改善した。もう一人の患者は治療中止後侵食が治癒し、治療を再開した。これらの結果は閉鎖包帯での爪真菌症外用薬治療は経口抗真菌薬での治療が困難、またはそれを望まない患者には有効な方法であると示している。

爪白癬の経口の治療で一番よい方法は塩酸テルビナフェンです。これは殺真菌の効果があり、現在、一番効果のある治療法です。

米国におけるオーソティクスの現状

米国におけるオーソティクスの現状

米国では処方箋なしで買えるオーソティクスはドラッグストアのフットケア売り場、スポーツ用品店の靴売り場で主に販売されている。 踵に痛みがある人、足の裏に痛みがある人、スポーツのパフォーマンス効果を高めることを目標とする人などが主な購買者である。主な販売元は
Dr. Scholl’s, Langer, Spenco, Powerstep, Superfeetなどである。

米国においてオーダーメードのオーソティクスの処方箋を書ける物は足病外科医と一般医であるが、一般医は足の分野には精通していないため、足病外科医、または整形外科医が処方箋を書くことが多い。
処方箋の内容は糖尿病患者の足の保護目的のオーソティクスの製作内容の精細な指示を含む。
保護目的のオーソティクスは3層になっており、素材はプラスタゾート(表層:足に当たる部分)、Lynco(中間層)、EVA(底層)などであることが多い。足趾の切断歴、中足の切断歴のある患者には切断された部分にプラスタゾートの詰め物が入るように処方する。
足の裏や足趾先に胼胝ができたり、創傷歴がある患者には、足の圧が高い部分を少しオーソティクスが薄くなるように細工をするように処方をする。このタイプのオーソティクスは糖尿病靴と共に米国の高齢者向けの保険(メディケアで)で支払われる。
糖尿病患者以外にもオーソティクスの適応患者はたくさんいる。足底筋膜炎のある患者、外反母趾のある患者、外反母趾の術後で外反母趾再発予防を望む患者、偏平足の痛みがある患者、スポーツのパフォーマンス向上を目指す人にはよくオーダーメードのオーソティクスが作られる。素材はプラスチックまたはカーボンで、その上にトップカバーとしてEVAやスペンコの素材を使うことが多い。オーダーメードのオーソティクスは足病外科医だけがオーソティクスの製作工場にオーダーできるものではなく、整形外科医、理学療法士などもオーダーができる。

注:米国ではオーソティクスとインソールは同義で使われることが多い。

保護目的のオーソティクス例

 

 

オーダーメードのオーソティクス例 ミレニア3DOシステムにより作製

株式会社ミレニアへのリンク: http://www.millennia-corporation.jp/insole/index.html

ホームページ更新ログ

    2015年12月6日
    治らない傷,治らない足の潰瘍,病院,糖尿病ページ更新しました。
    2015年12月5日
    壊死,潰瘍,足,傷のページ更新しました。
    2015年12月4日
    切断,床ずれのページ更新しました。
    2015年12月3日
    けが,しびれのページ更新しました。